読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真人間を目指す日記

低所得、低身長の不器用な独身アラサーが真人間になる工夫を凝らします。お金の管理、ファッション、ウォーキング結果etc.

自動貯金システム

お金

f:id:life13:20161214212818j:image

先月から家計簿スタートです。
このブログを始めた頃にお金の管理について書いていたのですが、ちょっと見辛いのでまとめたいと思います。


 

このブログを通して何をしたいのか、どう変わっていきたいかのまとめ↓

 

■ 自動引き落とし

公共料金と通信費(電話やインターネット代)を自動引き落としにする。
自動引き落とし出来るものは全て!

クレジット持っている人はカードで、なければ口座自動引き落としにしよう∠( 'ω')/
記帳するだけで手間が省けて支払いの把握が出来る。
クレジット払いにするメリットは引き落とし日が揃うことです。

因みに私が自動引き落としにしているのは
公共料金(ガス、電気、水道)、通信費、奨学金、住民税です。

うちクレジット払いはガス、電気、通信費。

 

■ 上限を決めて袋分け家計簿

変動費はあらかじめ上限を決めてそれ以上は使わない
現金派なら薄型のポーチで分けたり、財布の中にインデックスを入れてざっくりわけると細かい計算をしなくて済む。(いわゆる袋分け家計簿)
可能であればプリペイドカードで分けた方が嵩張らない。
私の場合、食費交通費嗜好品をそれぞれWAONSuicaスタバカードにチャージして分けていました。

 

■ アプリやエクセルでグラフ化

最悪上の2点だけでもだいたいのお金の流れがわかるので大丈夫。
プラスαとして家計簿をアプリでもエクセルでもなんでもいいので入力する。
入力するだけで勝手に計算してくれる上に、違う月との比較も簡単に出来る。

私はアプリで管理しています。

ウィプル家計簿は見易くてオススメです。
f:id:life13:20161214212427j:image

 

■ 雑費もクレジット

クレカ持っているとついつい使ってしまう人は不向き。そういう人は公共料金だけクレカにして大事に閉まっておく。
雑費もクレカにすると家計簿付けた時に比較しやすい。

 

■ 固定費、変動費の見直し

見直しはまた後日書きます(´-ω-`)

2017/01/13更新しました!

 

■ まとめ

【自動引き落としにする】は良く耳にするけどれどやらない人も多いです。
理由は最初に自動引き落としになるように手続きするのが面倒というハードルがある、わざわざ手続きするならなにかの行くついでに支払う方が楽と考えている為です。
しかしだらしない事に私はうっかり払い忘れることがちょいちょいあり、その度に窓口に行くのが恥ずかしい上に面倒だったので、そうならないように手続きしました。


毎月一回記帳するだけでわかるので楽です。過去分との比較も楽。

 

昔からある袋分けも今は使いやすいサイズのポーチも売っているし、プリペイドカードという便利な物が出来たので、これを使わない手はないです。
もし食材別に違うスーパーで買い物する事が多い人はプリペイドカードよりクレカ、現金の方が向いていると思います。


交通費は定期で電車の人はそのまま、ガソリン入れて車の人はガソリン代をクレカにして、マイページ見ながら家計簿に入力すると楽だと思います。
上限決めずに現金払いは支払いが不透明になってしまって後々面倒です。

 

その他、最初に貯金分を違う口座に移すという方法を良く耳にしますが、あれは最低生活費がどれくらい掛かるかわかっている人、結構稼いでいるのに貯金出来ない人向けのやり方だと思います。
私のような低所得のカツカツその日暮らしの貧乏派遣社員には、いつもより給料が多かろうが少なかろうが関係なく、最低生きていける分プラスαリバウンドして無駄遣いしない余裕分を上限として生活して残金無視した方が精神衛生上てきにも長い目で見ても向いていると思いました。

 

まずは流れを作る→把握→確認→見直すというのをゆる〜くやっていきましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ